2011年01月23日

トゥルーバイパス

オリジナルモデルが電子スイッチ式の場合、SOUNDHIGHのモディファイでは、トゥルーバイパスへの変更をしていません。
音が一番劣化するのは、電子スイッチではないからです。

一番音が劣化するのは、入力バッファーです。
入力信号の流れを考えてみます。

■トゥルーバイパスの場合
 ・エフェクトOFF 信号は入力バッファーを通らない。
 ・エフェクトON  信号は入力バッファーを通る。

■電子スイッチ式の場合
 ・エフェクトOFF 信号は入力バッファーを通る。
 ・エフェクトON  信号は入力バッファーを通る。

こうして見ると、エフェクトOFF時の音の劣化に有効なのが良く判りますね。

しかし、エフェクトONの時はどうでしょうか?
トゥルーバイパスであろうとなかろうと、必ず入力バッファーを通ります。
つまり、劣化した音をエフェクト回路(例えば歪み回路)へ送っているワケです。
これでは元も子も無いですね。

SOUNDHIGHでは、この入力バッファーを、劣化の非常に少ない回路に入れ替えています。
その結果、劇的に音質が改善されています。
是非一度、お試し下さい。

posted by U at 03:48| Comment(4) | 日記